新日本プロレス・棚橋選手&東方神起・チャンミンが大好きな、ごく平凡な二児の母・ゆきの(かなり)気まぐれ日記☆


by yukimomo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

年中さんの1年が終わった・・・

昨年の4月。
カイトが幼稚園に入った。
3年保育のところに、2年保育で年中さんから入ったから、
カイトも私もなかなか馴染めなかった。
カイトにも私にも友達が出来ず、お迎えに行き、誰とも会話せずに逃げるように帰っていたのが4~5月。
あの頃はホントに毎日つらかった。
カイトがちょっと風邪をひいたら、
『幼稚園休む??』と私が休むように促してたような・・・。
自分から『行きたくない』って言ったりもしてた。





そして6月ぐらいになり、カイトにも友達が出来た。
しかし、あまり活発ではないカイトは、やんちゃな男の子が多くクラスの中で沈んでいるように見えて仕方なかった。
毎朝、送った後に教室を10時頃まで覗いていたような気がする。
そして、カイトが1人で教室の隅で絵を描いていたりすると
胸が締め付けられるような思いがしてならなかった。
先生にもしょっちゅう『うちの息子、大丈夫でしょうか?』と
聞いていた。

6月の終わりぐらいだったかな・・・
カイトがやんちゃな男の子にぶたれることがあった。
今よりも元気のなかったカイトは何も言い返せないし、
先生にも言うことも出来ず、家でも自分から私に言うことはなく、私が息子の様子がおかしいのに気付き聞いてみると
そういうことだった。
それは何回も続き、私はその度に先生に相談した。
ある日先生は相手の男の子とカイトを呼び、仲直りをさせた。
それ以来、その男の子はカイトに手を出すことはなくなり、
今では私にも心を開いて接してくれるようになった。

その後は仲良しの友達が2人になり、
いつも3人で楽しく遊ぶようになったらしい。
その辺りからカイトは幼稚園へ行くのが楽しくなってきたみたい。『行きたくない』なんて一言も口にしなくなった。

私にもママ友達ができ、家を行き来したり、ランチをしたり、お茶したり・・・なんて、憧れていた生活が出来るようになった。
1年半前の引越し以来、友達らしい友達ができなかった私にとって、ものすごく嬉しいことだった。

今日は終業式だった。1年間過ごした年中さんの教室とも
お別れだ・・・。
私は何回ストーカーの様に息子の姿を覗いていたことか・・・。
この1年間のことを思い出すと、年中さんでなくなってしまうのが寂しくなってしまう・・・。
もう少し年中さんでも良かったな・・・なんて。

今日、年長さんの名札をもらってきた。
子供達はみんな嬉しそう。
子供達は前を向いてるんだなぁ~。
後ろ向きなのは私だけかも・・・。

さて、そろそろ気持ちを切り替えようかな・・・。
[PR]
by yukimomokaito | 2007-03-21 02:09 | 子育て